フォーバル流*売上拡大術
成功する経営者の極意とは?

現・東京商工会議所 副会頭の大久保秀夫が38年間
実践してきた企業経営のやり方と社長自身の在り方
《 最新ノウハウ冊子ダウンロード 》

無料ダウンロード

逆境に負けない継続経営を行っていくために必要な
社会が求める真の企業価値とは?

儲けだけが目的になると、人件費や商品・サービスへの投資は単なるコストに化してしまうため、長続きはしません。
うまくいっているうちはよくても、外部環境の変化など逆風が吹けば、固定費削減と称してすぐリストラを行ったり、
商品・サービスへの投資の切り詰めに走ってしまうからです。

それでは有能な人材から会社を辞めてしまい、商品・サービスの陳腐化が加速します。その結果、
ヒト・モノといった経営リソースが弱体化。手のほどこしようがなくなります。経済性を最優先した経営は
逆境にもろく、かえって継続経営を困難にするのです。

社会性

会社自体、または会社の商品・サービスは
世の中に求められているものか?
【*社会に貢献するとはどういうことか?】

独自性

競合と比較しての自社の強みをどのように
商品・サービスに反映させるか?
【*どのようにアイデアを具現化させるか?】

経済性

経営者が会社の先頭に立ち、どのような考え方
(在り方)で利益を追求していくか?
【*利益が最優先の企業はなぜ続かないのか?】

このような課題の会社様にお役に立てる資料です。

これまでに経営者から寄せられた経営に関する相談事について、弊社コンサルタントからの回答例をご紹介いたします。
「今まさに同じようなことで悩んでいる!」という経営者の方へのちょっとしたヒントになれば幸いです。

後継者問題

企業の次世代への承継問題は、10年単位で検討すべき事であり、
一朝一夕ではできません。
最も大事なことは、会社経営の総仕上げとして後継者・社員にとって
「魅力的な会社を創造する」ことを、まず現社長が覚悟することです。

弊社では、経営を継承する準備として必要なこと、また必要な場合
社外から後継者を募集する際の手順とポイントをお伝えしております。

赤字からの売上げ拡大

赤字が何期か続く場合、新たな投資は控えた上で売上拡大をしていくことが
急務となっております。小口の案件から仕事をこなしていき、安定した収益を
確保していきたいと考えます。

いずれにしても、中小企業は経営資源に制約があります。限られた経営資源で
最大限のパフォーマンスを出すためには、「独自の特徴・強みの再確認」からの
「事業の選択と集中」やが求められます。

価格競争に参加するよりも、御社の強みを活かしたサービスを提供する会社の方が、
消費者にとっては魅力的です。まず優先して取り組むべき部分を考えて行きます。

人材育成・幹部育成

企業成長の秘訣は、ずばり「人づくり」です。人づくりは「時間がかかり、根気が必要だ」と言われます。しかし、そうであっても、悠長に構えているわけにはいかないのが企業経営です。また従業員の教育は、経営の最重要課題の一つであり、会社を発展させていくために必要不可欠な要素なのです。

人材育成に一番重要なのは 経営戦略の構築です。【経営戦略】によって、必要とする人材スキルや職務内容が大きく異なるからです。戦略が決まったら、【スキルマップ】を作成し、これに基づいてプログラムを作成します。また、人材育成の【各種公的支援制度】が活用できる場合もあります。

経営計画・ビジョンの構築

新たな事業を立ち上げる場合、先の展開までのイメージができていない場合もまれにあります。
そういう場合、経営計画を策定することをお勧めします。経営計画を策定する過程で、おのずと今後の方向性が見えてくると思います。また、信頼できる従業員や外部の専門家と一緒に経営計画を策定することも有効です。

しかし、経営計画は漠然と立てればよいというものではなく、SWOT分析など客観的分析や数値目標の明確化により、
できるだけ具体的かつ合理的に策定する必要があります。

「現場・現物・現人思考」において優位性を保つ
弊社だからこそお伝えできることがあります!

創業から38年「人」の育成に悩み続け、実践を通じて数々の失敗を繰り返してきながら、
成功のノウハウを積み上げてきたフォーバルから「次世代経営者がやるべき「在り方」(考え方)」
についてお伝えします。

 

 

 

 

私たちが選ばれる理由
フォーバル流コンサルティングとは?

1:フォーバルグループの力を駆使した利益貢献

フォーバルが1980年に資本金100万円、従業員8名で創業して以来、一貫して
変わらない事があります。それは中堅・中小企業のお客様と向き合い続けてきた事です。
その数は全国20万社以上。経営者の生の声を蓄積し続けたからこそ、
中堅・中小企業の気持ちや、これから何が必要であるかを誰よりも
理解できていると自負します。

その答えがフォーバル独自のコンサルティング=次世代経営コンサルティングです。

2:孤島の街医者魂で、1人1人にとことん寄り添うスタンス

漫画やドラマでもやっていた「Dr.コトー診療所」。沖縄の小さな島で島民と向き合う医師の物語です。”孤島の街医者”は目の前で苦しんでいる患者を決して見捨てません。病気を治したいという患者の想いに応えるために、あらゆる手で泥臭く、汗をかき全力で寄り添います。

実践型経営伝承.comを運営する弊社メンバーも全く同じ考えです。孤島の街医者魂で、本気で課題を解決したいお客様の利益貢献のために、決して逃げず、諦めず、寄り添うコンサルティングを大切にしております。

3:社長と社員が力を合わせてゴールを目指すチーム創りに尽力

私たちは「経営者の黒子」として、理念・ビジョンや経営戦略立案・会議体の設計支援を行いますが、状況に応じて黒子を脱して社長・幹部に代わって会議体の運営支援を行う事もあります。なぜなら社長の想いを実現させるためには実行する社員1人1人の力が必要不可欠だからです。

私たちは理念・ビジョンに向かって全員が同じ方向で進んでいくためには何が必要かを常に考え、会社全体、そして社員1人1人の持つ個性(強み)を発揮、伸ばしていきながら1歩1歩着実に歩むための階段(目標)を創っていきます。必要な事は会社によって異なるため、全て完全オリジナルです。

4:現・東京商工会議所 副会頭、大久保秀夫の経営論を伝承

フォーバルの創業者である大久保秀夫は、1980年に26歳で起業し、当時30年以上かかると言われていた上場を僅か8年で達成。さらにこれらの功績が認められ、社団法人関東ニュービジネス協議会から、第1回アントレプレナー大賞において優秀賞を受賞する等、伝説の起業家と称されました。

フォーバルコンサルティングディビジョンは、大久保秀夫から直接経営論を伝承されたメンバーを有しており、「利益貢献にコミットした自らの実践に基づいた次世代経営コンサルティング」に、「フォーバル流(大久保秀夫)の経営論」を加えたコラボレーションにより、より多様なニーズに応えるサービスを提供する事が可能です。

悩みから立ち直ったお客様の声より

  • 社長自身が変わらなければ、動かなければ社員に本気が伝わらない

    【東京都:板硝子・鏡の加工卸、内装工事 代表取締役】 (*参加前の課題) 大久保塾長との出会いは、数年前の東京商工会議所主催の「勇気ある経営大賞」です。プレゼンテーション後に質疑応答の時間があったのですが、特に大久保塾長から言われた言葉が凄...

  • 仕事を通じて実現したいビジョンがある。 経営者として、経営理念を創りビジョン実現に向けて最後までやり抜くのだと分からせていただきました。

    【和歌山県:自動車用品の製造・販売】 (*参加前の課題) 事業立ち上げ直後のリーマンショックをなんとか乗り切った後に出会った大久保秀夫会長の書籍「決断」を読んだ後、大久保秀夫塾の存在を知り、直接学びたいと思い入塾を決意しました。 &nbsp...

  • 「在り方」「三方良し」…衝撃的な言葉の数々をいただき迷いがなくなった

    【滋賀県:飲食店 代表取締役】 (*参加前の課題) 当時、経営者として腑に落ちなかったことがありました。それは「商売って何だろう?」「飲食って何だろう?」…という疑問。分かりそうで分からなく、、私のなかでずっともやもやしていました。 そのと...

  • 教えていただいた「理念・ビジョン」の重要性。 おかげで協力業者様からのご紹介が増え、お客様の 満足度が上がった。

      【宮崎県:建築会社 代表取締役】 (*参加前の課題) 大久保秀夫塾の受講前は東日本大震災後で、被災を受けた家の修復作業に追われていました。とにかく人手が足らず私自身も現場に出向くほどです。とにかく復興のために毎日が必死でした。...

お客様の声の一覧はこちら

別の文言を挿入

「在り方」を全うすることが継続経営の土台です

継続経営には「在り方」をまっとうし、事業を社会性・独自性・経済性の順番で考える。そして、人材育成に時間をかける。こうした文化が組織の血肉となって伝承されていくことで、100年続く会社になれるのだと思います。しかし言葉で語るのは簡単でも、実際に実践して行くのは難しい。そういう場合に、今回の小冊子や無料相談をご活用いただければと思います。お待ちしております。

無料相談・お問合せフォーム

 

 

 

 

 

担当・執筆者の紹介

株式会社フォーバル コンサルティングディビジョン
ディビジョンヘッド 西野 幸典

1991年フォーバル入社。営業として当時異例の5年連続年間個人売上1億円等数々の記録を打ち立てる。拠点長を経験後、2014年に大久保秀夫からの指名を受け、コンサルティングディビジョン配属。
大久保秀夫と全国の経営塾を共にし、経営ノウハウを伝承。
現在はフォーバル流実践型経営コンサルティングの伝承者として活動中。
公益資本主義推進協議会、日経トップリーダー経営者クラブ等
対外的な場でも講師として多数登壇。

株式会社フォーバル コンサルティングディビジョン
チーフコンサルタント プロジェクトマネジャー 赤羽 聡

*200文字 挿入

ダウンロードフォーム

実践を通して培った「会社と人材を守る方法」は
必ず貴社の血となり肉となります。

無料ダウンロード